(株)ピーク・日本アイビルソフト(株)・GOKAN療育の特別プロジェクトチームのみなさまに「おもいやりプラン(障がいによる困りごとを考慮した飲食サービス)」をアピールしてまいりました!

(株)ピーク・日本アイビルソフト(株)・GOKAN療育の特別プロジェクトチームのみなさまに「おもいやりプラン(障がいによる困りごとを考慮した飲食サービス)」をアピールしてまいりました!

(株)ピーク・日本アイビルソフト(株)・GOKAN療育の特別プロジェクトチームのみなさまに「おもいやりプラン(障がいによる困りごとを考慮した飲食サービス)」をアピールしてまいりました!

(株)ピーク・日本アイビルソフト(株)・GOKAN療育の特別プロジェクトチームのみなさまに「おもいやりプラン(障がいによる困りごとを考慮した飲食サービス)」をアピールしてまいりました!

https://faavo.jp/osaka/project/2667/report/17370#pj-single-nav

こちらのプロジェクトは、GOKAN療育の畠山織恵さんのノウハウをたくさんの方々に届けるための企業の垣根を超えたプロジェクトです。

「教育とは、人の成長にとって普遍的に必要な要素です。またサービスとは、人が快適に生活する為に必要な重要な要素です。私たちは、教育とサービスの充実を、情報技術(ICT)を利用して支援して行きます。」
(日本アイビルソフト株式会社ホームページの中谷社長の企業理念より抜粋)

こちらのプロジェクトのメンバーは常に未来志向です。
また、(株)ピークの代表の金田さまはTSUTAYAサービスを常務として率いたエネルギー溢れる素敵な社長さまです。
わたしができることは少ないので”黒子のお手伝いさん”として、畠山さんの療育を多くの人に届けることができるように微力ながらわたしにできる範囲でご協力してまいります。

<畠山織恵 プロフィール>
脳性麻痺の長男19歳と9歳長女、二児の母。
障がいある長男との暮らしと、能力開発事業に12年間携わった経験を踏まえ、障がい児ゆえに不足する「体験・経験」を五感を使って習得できる【GOKAN療育プログラム】独自監修。
大阪府下の支援施設、在宅医療ケア児を中心に他県にまたがる500名以上へ療育を提供。地方自治体、障がい児保護者等への講演活動を通し、障がい児とその家族、支援者の三方向へ「笑顔」と「自信」、「未来への希望」を届けている。
現在は長男が高校3年生時に立ち上げた「障がいある自分だからできるビジネス」=『イキプロ』を、自身の活動と並行してサポート。
2018年6月一般社団法人設立に向け長男と親子二人三脚で活動の場を広げている。

写真は「おもいやりプラン」の頭文字の「O(オー)」です。

今後もたくさんの人たちに支えられている感謝を込めて、「おもいやりプラン」の頭文字の「O(オー)」の写真で繋いでいきます!

universaldesign.yamamotota

コメントは受け付けていません。