障がいや病気など個別特性をもつ人の暮らしの選択肢が増える